top of page
  • 執筆者の写真GUEST HOUSE IOLY 庵 OSAKA

暮らすように旅するブロガーさん

更新日:2023年2月3日

ゲストハウス庵(いおり)大阪 に、東京の40代男性が宿泊されました!


このゲストさんは当館に二泊され、ご滞在中はいろいろとお話しを聞かせてくださいました。

なんでも、この方はゲストハウスが好きだそうで、今までもいろいろなゲストハウスに泊まってきたそうです。

「どの都道府県のゲストハウスに泊まられたんですか?」と聞いてみると、

「元々は海外を旅していました。」とのこと。

日本からアジアを西へと巡り、中東までたどり着き、当時、中東の一部の国で戦争が勃発したタイミングにその国にいたこともあったそうです!

その他にヨーロッパやアメリカを旅したこともあったそうですが、殊にアジアを旅していた時には、アジア横断のルートは大体決まっていて、エリアによっては旅人が必ず通るルートや必ず泊まる宿があるそうです。なので、旅の途中で以前会ったことのある別の旅人に再会することも多々あったそうです。


興味深いですね~。


私が以前読んで感銘を受けた旅のエッセイの中にも同じようなことが書かれていました。

その著者の表現としては、旅先には砂時計のくびれのようなところがあり、そこで旅人同士が再会する、とのことでした。

私が大いに感銘を受けた別の旅作家も、北米から南米にかけて旅をしていて、北米で会った別の旅人に南米の宿で再会したとも書いてありました。☺


私自身は大陸を横断・縦断するような長距離の旅をしたことはありませんが、旅先での不思議な再会は二つほど思い当たるものがあります。


ひとつは、オーストラリアのメルボルン郊外、セントキルダのナイトクラブで一緒に踊った金髪の女の子に、後にケアンズのホステルの階段ですれ違ったことです。

メルボルンはオーストラリアの南部の都市。一方、ケアンズはオーストラリア北部の都市で、メルボルンからケアンズまで飛行機で確か3時間はかかる距離です。

ケアンズに着いてホステルにチェックインして、館内の階段を上がっていたところ、すれ違った女の子が親しげに 'Hi!' と言ってきました。

「誰?」と思いながら 'Hi.' と返しましたが、なんとメルボルンのクラブで一緒に踊っただけの女の子でした!!😲 よく私を見て思い出してくれたものです!


もう一つは、オーストラリアのシドニーで野外コンサートの写真を撮っていたところ、突然わたしにハグしてきた女性がありました。なんと、その6年以上前にイギリスで付き合っていたチェコ人の女性でした!!全くの偶然で同じ場所にいて、私に気づいたのでした。


さて、このゲストさんがアジア横断の旅をされていたのは私がイギリスに留学していたのと前後する時期で、当時はインターネットが普及し始めた頃でした。

そんな時代を先取りして、この方はなんと、旅の途中途中で、旅先からインターネットを通して日本の人たちに向けて旅の過程や旅先の町についての情報を発信していたそうです。つまり、当時からブログを書いて情報発信をされていたというわけです。


旅を続け、ブログでの情報発信を続けるうちにフォロワーも増えたそうで、旅を終えて日本に帰ってきてからは、フォロワーさんに会ったり、日本国内で旅した折にフォロワーさんのお家に泊まったりする縁もあったそうです!


それから、日本国内でも旅をしたり、ゲストハウスに泊まったりすることを楽しみ、訪れたゲストハウスについての記事を書いてブログに掲載してきたそうです。


しかしそれが、このコロナ禍で途絶えてしまいました。


コロナ禍で、ゲストハウスについて書くこと以前に、旅すること自体が途絶えてしまったとのことです…。


しかし、ネットで情報を発信することに長けている彼はコロナ禍でふたつの別のことに挑戦しました。

ひとつはネット出版、もうひとつはYouTube配信でした!

彼は現在、ネット出版で二冊の本を出版しているそうです。ひとつは男性向けのダイエットについての本だそうで、これは彼自身が最近20キロやせることに成功した体験に基づいているそうです。もう一つの本のテーマは、楽天経済圏についてだそうです。💰


実は私も本を一冊、ネット出版しているのですが、私の本と彼の本はネット出版でも形式が異なるようで、私の本はいわゆるオンデマンド印刷というもので、ネット上で注文があればそれが紙の本となって注文した人の手元に届けられるというものですが、彼の本はネットで注文したものがダウンロードできるというもの。つまり、パソコンやスマートフォン、タブレット上で読むことになります。Kindle電子書籍が最たる例です。


そして、彼のYouTubeチャンネルは、毎回誰かをゲストに迎えて、彼もゲスト・スピーカーも顔出しをしないで、何かのテーマについて語る、その会話を動画にしたものだそうです。

様々なトピックについての動画を掲載しているようです。


他にもブログ、ツイッター、インスタグラム、フェイスブックなどなど、様々なプラットフォームで情報発信を続けていて、このたびの大阪および兵庫の旅では久しぶりの旅、久しぶりのゲストハウスを満喫されたようです。☺


当館に宿泊された時のことを、藤井寺の見どころを巡ったという内容と、ゲストハウス庵に泊まったという内容の二つに分けてブログ記事にしてくださいました!

それらを見ると、藤井寺とゲストハウス庵がとてもいいところとして描かれています!!🤗 藤井寺の見どころについて書かれたブログ記事は、6時間かけて書かれたそうです~😭

ぜひ見てみてください!!👐


A1理論さん、またご縁がありましたらゲストハウス庵にお越しください~☺👍



A1理論さんの藤井寺についてのブログ記事

A1理論さんのゲストハウス庵についてのブログ記事

A1理論さんのYouTubeチャンネル




今回のゲストさんがレンタルされた自転車です。以前宿泊された別のゲストさんが置いて行ったものです。☺


写真は、ゲストさんが当館のレンタサイクルで藤井寺近辺を散策された中でも訪れたという辛国神社に、後日、元旦に私が訪れた時のものです。⛩



閲覧数:50回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page