• GUEST HOUSE IOLY 庵 OSAKA

靴下

和歌山から50代夫婦が ゲストハウス庵(いおり)大阪 に来られました!

ここ大阪府羽曳野市にお住まいの娘さんがご出産されたそうで、赤ちゃんのお世話をしに来られたとのことです!

すでに一日、娘さんのところにおられてからゲストハウス庵に投宿されるので、事前にお問い合わせいただいて、夜10時を過ぎてのチェックインを承っていました。

さらに、駐車場が分からない、当館への道が分からない、と何度かお電話もいただきましたが、どうにか無事ご到着され、チェックイン。

ウェルカムドリンクを飲まれながら、少しお話しもして下さいました。


翌朝のチェックアウト後も娘さんのところに向かわれるとのことで、朝7時台にはチェックアウトされました。

チェックアウトされた後、清掃のためにお部屋に入ると、一足の男性用の靴下が布団のそばに残されてありました。どうやら忘れ物のようです。


以前、自転車のヘルメットをお忘れになった、ロードバイクで旅されている方は、お電話差し上げてすぐに忘れ物を取りに戻ってこられました。

以前、長袖シャツをお忘れになった別の男性は、お電話すると「処分しておいてください」とのことでした。

旅の相棒として持ってきていた動物のぬいぐるみを「あげる!」とゲストハウス庵に置いて行った韓国人男子大学生もいました。


さて、このご夫婦はというと、お電話さしあげようかと思うが早いか、再度宿泊のご予約をいただきました!今度は奥様のみでしたが、二日後にまた泊まりに来られるとのこと。

靴下は洗って、その時にお返ししました。☺


その後にももう一回ご宿泊され、毎回赤ちゃんのお世話をされていました。

とっても元気な赤ちゃんだそうです!

またお越しください!!☺

写真はイメージです。

9回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

6-chōme-18-4 Eganoshō

Habikino-shi, Ōsaka-fu 583-0886

guesthouseiolyosaka.com

Tel: 080-6313-0869

  • Facebookの社会的なアイコン
  • Instagram
  • White Twitter Icon

© 2019 by RYU