top of page
  • 執筆者の写真GUEST HOUSE IOLY 庵 OSAKA

ふとご

ある日、ゲストハウス庵(いおり)大阪 の午後のオンライン英会話レッスン直前に宿泊ゲストさんのチェックインがありました。

チェックインを終えて、当館二階のスタッフルームでオンライン・レッスンをしていると、ゲストさんが部屋に入ってきました!

そして、椅子に座っていた私のもとにやってきて、私の手をペロペロと舐め始めました!

画面越しの受講生の方は一体何があったのかという表情です。

'My guest is here!' と笑顔で伝えますが、画面に写る背丈ではないゲストさんは受講生には見えていません。🤗


チェックイン時にはご主人だけが先に入ってこられていたのですが、その後、奥様とペットのワンちゃんが入ってこられ、そのワンちゃんが引き戸を開けてスタッフルームに入ってきたのでした!はじめましてのご挨拶だったのでしょうか。🤗


愛媛県から来られたご夫婦で、ご主人様が東大阪での研修に参加されるにあたり、奥様とワンちゃんも一緒に来られたのでした。


ご滞在中はほぼ毎日数回、散歩に出かけて、午後のメインの散歩は津堂城山古墳へ!👍

「ちょうどいい距離」とおっしゃり、また、ワンちゃんが用を足すのがアスファルトではなく土の地面だそうで、津堂城山古墳はその用途でもちょうど良かったとのこと。☺

また、奥様はランチに、そして旦那様が戻られてからはお二人でディナーに、ご滞在中は毎日どこかしら当館周辺のお食事処を開拓されていました。

その中には私がお勧めした店もあれば、事前に話題に上らずお勧めするに至らなかったけど奥様が見つけて行ってみたお店が私の行きつけの店だったこともありました。☺


ご紹介しますと、


当館から徒歩3分の串揚げ屋さん「えびす亭」

その二軒隣りにある韓国料理店「テジセキ」

津堂城山古墳の道路向かいにあるカフェ「黒川珈琲」

当館から徒歩5分のドーナツ屋さん「Mammaドーナツ」

津堂城山古墳の近くにある大判焼き屋さん「neko no ashiato」

当館から徒歩3分のたこ焼き屋さん「たこダビッドソン」

当館から徒歩3分の和菓子屋さん「御菓子司 吉乃屋」


などなどです。


保護犬などを飼育されている方のところのワンちゃんが6頭だか7頭だかを産んで、ワンちゃんが増えすぎたとのことで貰い手を募ったところ、このご夫妻が五番目の子を引き取ったそうです。一頭目は太一(たいち)というそうで、読み方は忘れましたが二頭目以降は順に太二、太三、太四、太五…というネーミングだそうで、このご夫妻が引き取ったワンちゃんは太五なのですが、その後お二人はこのワンちゃんの漢字はそのままで読み方を変えて「ふとご」としたそうです。🐶


雑種同士の雑種の5歳の中型犬とのことで、当館の階段もスタスタと上っていました!

初日からペロペロしてくれたふとごくん。

当館1階ラウンジで私のもとに来てペロペロしてくれたり私のそばに座ったりしてくれました。🤗


去年天寿を全うした私の実家の犬は18歳まで生き、最後は半身不随で要介護な状態でした。

小型犬ながらも、以前は頑張って階段を上ったり、私をペロペロと舐めてくれていたものでした。


このたび、ふとごくんとふれあって、初対面の犬でもペロペロしてくれることも嬉しかったし、ふとごくんには若さを感じました。


私は我が家の犬に対して去年までの数年間、そこはかとない切なさを感じていたのですが、それは彼の高齢化によってペロペロであったり元気に駆け寄ってきたりといったふれあいがなくなっていったことによるものだったということが感じられました。


そこには、しかし、悲しい想いはありません。

ふとごくんとふれあえたことで、我が家の愛犬が高齢になるまで生きたということが再認識できたし、かつてはうちの子もペロペロすりすりしてくれていたことが思い出されたということに感謝です。


ふとごくんの日々の1ページにゲストハウス庵が、そして私が加われたことが嬉しく、この幸せなファミリーの今後にさらなる幸せを願うばかりでした。🤗


また来てね~!🐶


ゲストハウス庵ラウンジのソファでくつろぐふとごくん。🤗

私の足元でくつろぐふとごくん。🤗

最後に集合写真。🤗


閲覧数:44回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comentarios


bottom of page