• GUEST HOUSE IOLY 庵 OSAKA

「~すぎる」 'too ~'

最終更新: 5月21日

何年前からでしょうか、誰が言い始めたのでしょうか、「美人すぎるアスリート」とか「楽しすぎた!」とかいった誇張表現。「~すぎる」とは本来、「このコーヒーは苦すぎて飲めない」とか「眠すぎて起きれない」というように、度を越している、許容範囲を超えている、という意味のはずです。つまり、ネガティブなことを表す表現であるはずなのに、近年ではポジティブなことを誇張する言い方として使われているのをよく見かけます。


ゲストハウス庵(いおり)大阪 のオンライン英会話レッスンで英検®対策をしている高校生さんがおられます。英検2級以上の設問2⃣の文章穴埋め問題を解くコツは、問題のカッコの部分の前後の文脈を把握することであり、カッコの前の部分と後の部分が順接なのか逆説なのかをくみ取れるかどうかが重要です。文脈的に、カッコの前から後にかけて同じ流れであるのか、または、いい感じだったのが雲行きが怪しくなっていくのか、それによって、選ぶ選択肢が「さらに」なのか「しかし」なのかが変わる、というものです。これを分かりやすくシンプルに「ポジティブ」か「ネガティブ」かで判断するように生徒さんにお伝えしているのですが、先日のレッスンではそれが伝わりにくいことがありました。

四択問題で、そのカッコの前後関係はポジティブからネガティブ、なので選択肢の中から逆説なものを選べば正解です。そして、四つの選択肢のうち、ふたつが 'too' という単語を含んでいました。

生徒さんは正しい選択肢を見つけるのに苦戦していたので、「この中のふたつに共通する、ネガティブなニュアンスの単語はどれですか?」と大ヒントを差し上げました。「『~すぎる』っていう意味の単語がありますね?」と付け加えたところ、私が引き出したかった単語が 'too' であることは伝わりましたが、そこで驚きのリアクションが返ってきました。「『~すぎる』って、ネガティブなんですか?」と言うのです!!!

日本語の新しい風潮として受け止めるべきなのかもしれませんが、本来の意味やニュアンスを理解せずに覚えてしまっては、本来の意味で使われたときに理解できなくなりますね!そして、それが英語の理解の妨げにもつながるとは!!ちなみに、 冒頭で触れました、「苦すぎて飲めない」「眠すぎて起きれない」と言った言い回しは、英語では 'too bitter to drink' 'too tired to get up' のように言い、いわゆる 「too to 構文」と言います。'This coffee is so bitter that I can't drink it.' のように、'so' と 'that' を使った表現も同じ意味合いになるので、この二つを一緒に覚えると、これらがネガティブなものであることが印象に残りやすいと思います。👍


I wonder how long this has been going on, or who started using it: exaggerated Japanese expressions like 'athletes too beautiful' or 'It was too much fun!'. 'Sugiru', Japanese for 'too', as in 'This coffee is too bitter to drink' or 'I'm too tired to wake up' is supposed to suggest something is beyond the limit, just like in English. It's supposed to mean that something is rather negative, but in the past few years, you often see it used in a positive context, to make it sound bigger.


I teach Eiken to a few high school students here at Guest House Ioly Osaka online, which is Japan's own English certificate exams. Section 2 of the test from Eiken Grade 2 to Grade 1 is about filling the blanks with multiple choices to complete longer essays. The key to answer these questions is to understand the relation between the part before the blank and after: whether they go with each other or against. Then you are to choose either 'therefore' or 'however', for example. In my lessons, I encourage my students to see if they are 'positive' or 'negative', meaning if the part before the blank is positive in the context and the part after that is also positive, you should choose a positive sounding option, and if the first part is positive but the latter part is negative, you should choose a negative one. I employ these terms in trying to make them look and sound simple for the students, but it didn't turn out that way the other day...


A student and I were working on one of the questions form Section 2, where there were four choices to choose from, and the sentence that included the blank was in the 'positive-negative' order. Two of the four choices included the word 'too' in them.


The student was having trouble making a choice,so I gave her a big hint by saying 'What one word do you see in two of them that has a negative nuance?' Then she got the idea and was able to tell that it was the word 'too' that I meant, but her response surprised me: she said 'Is 'too ~' negative??'


I might ought to accept the new Japanese trend, but if you learn the words or phrases without knowing their initial meanings, you naturally won't be able to understand them when they're used in their initial meanings. And it can also hinder them in their foreign language studies!


6回の閲覧

6-chōme-18-4 Eganoshō

Habikino-shi, Ōsaka-fu 583-0886

guesthouseiolyosaka.com

Tel: 080-6313-0869

  • Facebookの社会的なアイコン
  • Instagram
  • White Twitter Icon

© 2019 by RYU